相続税の計算

薬袋税理士事務所(中央区/京橋)|相続税の計算

  1. 薬袋税理士事務所 >
  2. 相続税 >
  3. 相続税の計算

相続税の計算

■相続税の計算方法
⑴課税価格の計算
まずは、相続した「資産」の合計価格から、相続した確実な「負債」(住宅ローンなど)や、葬式費用を控除して課税価格を求めます。
つまり、課税価格は「被相続人の純資産」ということになります。

⑵基礎控除
課税価格が定まったら、基礎控除を行います。
基礎控除の控除額は「3000万+600万×法定相続人の数」円です。
基礎控除額の方が課税価格よりも大きい場合には申告義務も納税義務もありませんので、これより先について考える必要はありません。


⑶相続税の「総額」の計算
基礎控除に残額が生じた場合は、各法定相続人がその残額を「法定相続分に応じて取得したものとして」、仮の各法定相続人が取得する金額を定めます。
そして、その金額に10%〜55%まで8段階の税率を乗じて、「仮の相続税額」を求めます。
次に、各相続人の「仮の相続税額」を合計することで当該相続における「相続税の総額」を求めます。

つまり、法定相続分と異なる配分をしていたとしても、相続税額の総額は変わりません。

⑷各相続人の税額の計算
相続税の総額を各相続人の相続割合に応じて割り当てます。

ただし、相続人が一親等の血族(被相続人の父母または子供)か、配偶者以外である場合には、税額が2割加算されますので注意が必要です。

なお、相続人が配偶者、障害者、未成年者などであり、税額控除を利用する場合にはこちらの段階で控除を適用します。


薬袋税理士事務所では、東京都千代田区、港区、中央区、新宿区、足立区、墨田区、世田谷区、北区、品川区、大田区を中心に相続税、事業承継、 M & A等さまざまな税務相談を承っております。
経験豊富な税理士が在籍しておりますので安心してご依頼いただけます。
経理や税務に関することでお困りの際は、お気軽に当事務所までご相談ください。

薬袋税理士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 社長の相続社長の相続

    法人の中で代表取締役をしていた人が亡くなった場合、代表取締役の地位...

  • 相続税増税について相続税増税について

    ◆平成27年1月1日より相続税が増税 平成27年1月1日より相...

  • セカンドオピニオン セカンドオピニオン

    ◆税務におけるセカンドオピニオンとは セカンドオピニオンとは顧問税...

  • 税務調査税務調査

    薬袋税理士事務所は、将来の相続発生時に、税務署から修正申告を指摘...

  • 相続 養子相続 養子

    親子の血縁のない者どうしが、養子縁組の届出を出すことによって、 本...

  • 相続税の申告相続税の申告

    相続は相続税だけに詳しければ対応できる問題ではありません。例えば、...

  • M&Aでの事業承継M&Aでの事業承継

    M&Aを利用して事業承継を行う方法について見ていきます。 M&A...

  • 法人税の節税は税理士にご相談ください法人税の節税は税理...

    法人税は節税することによって、法人として使えるキャッシュを増やすこ...

  • 生前贈与 税金生前贈与 税金

    薬袋税理士事務所では、豊富な経験をもとに生前贈与に関してのご相談に...

相続税の計算|薬袋税理士事務所(中央区/京橋)

ページトップへ