相続法 改正

配偶者の居住権とは?/相続法 改正

  1. 薬袋税理士事務所 >
  2. 相続法 改正

相続法 改正に関する基礎知識記事や事例

  • 配偶者の居住権とは?配偶者の居住権とは?

    配偶者居住権とは平たく言うと、被相続人の配偶者が、相続開始時(被相続人の死亡した日)に被相続人の持ち家に住んでいた際に終身・もしくはある一定期間無償でその家に住み続けることができるという制度です...

薬袋税理士事務所が提供する基礎知識と事例

  • 使用貸借 相続使用貸借 相続

    貸主が死亡した場合、貸主たる地位は、相続人に承継されます。使用貸借...

  • 税理士 節税税理士 節税

    相続税の節税、贈与税の節税などの節税方法について無料相談の上丁寧に...

  • 土地の評価土地の評価

    土地の評価方法は、大きく2つに分けると、路線価方式と倍率方式での評...

  • 二次相続二次相続

    相続は相続税だけに詳しければ対応できる問題ではありません。例えば、...

  • 相続放棄相続放棄

    相続放棄とは、法定相続人となった場合に、被相続人(亡くなった方)の...

  • 事業承継事業承継

    ◆会社を経営されているオーナー様にとって事業承継は非常に重要な問題...

  • 相続税 改正相続税 改正

    相続税は今後課税が強化される方向性と考えられるため、改正前に適切な...

  • 相続手続きの流れ相続手続きの流れ

    ◆相続が開始した際の相続手続きの流れ ・遺言書の有無の確認 遺言...

  • 相続税の申告相続税の申告

    相続は相続税だけに詳しければ対応できる問題ではありません。例えば、...

配偶者の居住権とは?|相続法 改正

ページトップへ